ポゼットの効果は?

ポゼットとは

ポゼットは、早漏の防止・改善をする治療薬です。

ポゼットは「セロトニン取り込み阻害薬(SSRI)」と呼ばれる薬の一つであり、セックスに対する緊張・不安を和らげることで早漏を防止する効果があります。

ポゼットの主成分であるダポキセチンはSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)に分類されます。早漏は脳内のセロトニン濃度が減少し、異常な興奮状態になることで起きます。早漏治療薬であるポゼットを服用することで脳内のセロトニン濃度が高まり、興奮が抑制されることで射精時間の延長効果が生まれます。性行為の1~3時間前に服用することで、普段の性行為時間の3~5倍延ばすことができるといいます。麻酔系の麻痺させる薬とは違い、脳へ興奮を直接抑える働きがあるので、自然に射精の時間を延ばすことができるメリットがあります。

早漏で悩んでいる方は、実は日本にも大勢います。日本人は人種的に早漏であることが多く、遺伝子的にも早漏であるといわれているためです。早漏の原因はいろいろありますが、基本的に脳内のセロトニン量が少ない、または、ノルアドレナリンが活発になりやすいため起こります ダポキセチンの効果は、そういったパターンの男性の早漏を防止してくれます。

ポゼットを服用することで、射精までの時間が3倍~5倍まで延びる効果が期待できます。これまでの、塗り薬でペニスを麻痺させるような早漏治療と違い、自然なかたちで早漏をコントロールするため、人気があります。

ポゼットの飲み方・服用方法

ポゼット(ダポキセチン)は服用してから1時間程度で最高血中濃度に達し、早漏改善効果を発揮します。よって性行為をする1時間程度前に服用すると最も効果を実感できます。(データでは3~4倍の射精時間延長が認められています)ポゼットは胃や腸から吸収されますので、錠剤が崩壊しやすいよう水やぬるま湯等で服用してください。ポゼットはED治療薬との併用が可能です。特にED治療薬レビトラには10mg錠以上から射精時間の延長効果が期待できますので、ポゼットとの併用でさらなる症状改善が期待できます。

ポゼットの有効成分であるダポキセチンは、1日あたり最大60㎎まで内服可能とされています。ポゼットの種類は30㎎と60㎎の2種類あり、30㎎錠を使用する場合は1日2錠まで、60㎎を使用する場合は1日1錠まで服用できます。余計なトラブルを招かないためにも、服用限度を超えた大量の摂取は避けましょう。

ポゼットの副作用

医薬品である限り全てのお薬に副作用があります。早漏防止薬ダポキセチン配合のポゼットも例外ではありません。ポゼットの成分ダポキセチンを含む選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)は、一般的に副作用が少ない安全性の高い薬とされています。しかし体内に取り込まれて体に作用し、分解・排出される過程で、ある程度の副作用は避けられません。個人差があるため副作用も一概には言えませんが、お酒と一緒に飲むと吐き気、頭痛を感じやすいと言われます。酔っぱらってプリリジーやポゼットを服用することは避けるべきでしょう。セックスどころでなくなってしまう可能性もあります。

★人気早漏防止薬

タダポックス

★ED勃起障害治療薬の特徴
レビトラ

★世界シェアNO1のED治療薬で持続効果は36時間
シアリス通販など豊富な情報